メインイメージ

ランドセルを使用する時のアドバイス

お子様はランドセルに教材が入りきらなくてサブバックに入れていませんか? 上手に教科書を入れないとランドセルだけでは入りきらない事も出てきます。

でも入れ方を工夫すると上手にランドセルに入れる事が出来ます。

上手な整理整頓は新1年生にはかなり難しいかもしれません。

でも低学年の内に整理整頓の習慣が自然にを身に付けられると良いですよね。

大人が上手くアドバイスしてあげてください。

お子様にアドバイスする時、これから書く事を参考にしてみて下さい。

ランドセルの背中に近い所の一番大きな収納部。

この収納部分には筆箱や教科書等を収納していることが多いでしょう。

気にせず詰めるお子様が多いと思いますがそうすると歩いている内にバラバラになり重く感じる事があります。

そんな時には背中側に大きく重い教科書を入れ外側にいくほど軽くなる様に入れると中の物がバラバラになりにくく重く感じる事が少なくなります。

外側にある小さなポケットも上手に使うと便利です。

真ん中のポケットにレインコートを入れておくと突然の雨にも対応できます。

ジッパー付ポケットはティッシュやハンカチ等を入れてもいいですね。

ランドセルの外側のサイドにあるフックは給食袋や体操服袋、上靴袋等を吊り下げると手で持つ必要がなくなり通学途中も安全です。

フックが左右の両サイドに付いたランドセルも有ります。

肩にかかるベルトの部分にもフックが付いているランドセルもあり ここには防犯ベルを付けておくと引き抜きやすいので防犯上にも有効です。

※最新ランドセルトピックをチェック!